海外では日本のアニメがとても人気です。



私は、中国や韓国に滞在していたことがあるのですが、日本人だと知ると必ず、



日本のアニメの話になります。



 



ワンピースやクレヨンしんちゃん、ドラえもん、ドラゴンボール、、、そのほかにもたくさん。



 



アニメをきっかけにして日本語学習を始めたという人も少なくありません。



 



そんなアニメですが、このアニメから意外なものが海外で大人気になっているというテレビ番組を見て興味を持ったので、



 



ご紹介したいと思います。タイトルにも入れているので、その話題の物を先に言ってしまうと、たいやきです。



 



 





 



日本人からすると、たいやきがなんで?そんなに人気?と思うのですが、海外では、大人気で、アメリカのシアトルでは、



アメリカ風たいやきが販売されて行列ができるほどだとか。シアトルのたいやきの具は、ベーコンやチーズだったりするようですが、



日本の場合は、あんこが一般的で、割るとこんな感じであんこが出てくるのが基本スタイル。





日本人でもたいやきが大好きな人はいると思いますが、海外での人気は、ちょっと予想を超えるもののようです。



amazonでは、たいやきを焼くたいやき器が売り切れてなくなってしまうほどのようです。



 



(こちらのお店では、個人用、商用のどちらもたいやきの機械が購入できるようなので、リンクを貼っておきます。



D-STYLIST たい焼きメーカー こだわりのたい焼きが自宅で簡単に作れる! ピーナッツ・クラブ KK-00310)



 



 



そもそもそこまでなんでたいやきが海外に広がったかというと、kanonという日本のアニメが大きく関係しているようです。



 



kanonでは、主人公が何度も幸せそうにたいやきを食べる姿が出てきて、たいやきを知らない海外の人たちがこれは何?とリサーチを始めたことから海外でも広がりを見せたみたいです。



 



たいやきは、日本では、明治時代から食べられていたもので、普段は、庶民が食べられない高価な鯛の型が定着したという説があります。