この記事では、ドイツと日本でおやつや軽食として食べられている物には



どんな違いがあるのか見ていきたいと思います。



 



まず私が気に入ったもの・目についたものをちょっとだけご紹介します!



これは友人の家で出会ったお菓子「ミルヒシュニッテ」です。



薄いココア生地にマシュマロのようなクリームチーズのような甘いクリームが挟んであります。



子どもたちの大好物だそうです。



 





 



かわいいチョコ(*'ω'*)



スーパーで買えます。お土産にもいいですね!



後程また書きますが、ドイツのスーパーは本当にチョコが豊富です。



 





 



 



①果物の値段



 



ドイツのスーパーに行ってまず気づくことは、



チョコレートや肉加工食品、乳製品、果物が安いことです。



写真は大学近くのスーパーの広ーいお菓子コーナーです('Д')



 





 



チョコレートや肉、乳製品は日本より生産が盛んだから安くなるのでしょうが、



果物が日本より安い理由は別のところにあると思います。



 



日本のスーパーで売られている果物は、ドイツのものと比べると



宝石みたいで高級すぎます('Д') しかも量が少ない!



一方、ドイツのものは、そんなにきれいではないものがどっさり入っています。



売り場でも日本に比べると雑に扱われているように見えます。



(もちろん、味も品質も問題なくおいしいですよ!)



 



だからドイツの学生はおやつや食事代わりに果物を丸かじりするのでしょうね~。



日本では果物離れが進んでいるとよく聞きますが、それを食い止めるには、



日本の市場では「くず」として扱われている傷物を



安く売ることから始めてみたらいいのではと思います。



 



 



 



②商品のラインナップ



 



日本ではお菓子でもなんでも、季節ごとに新製品や期間限定商品が出て、



いつも消費者であるわたしたちを楽しませてくれますよね。



デメリットは商品の入れ替えが激しすぎることでしょうか。



(日本に留学していたドイツ人に、日本のお土産は何がいいか聞いた時、



期間限定商品で今はなくなったお菓子を頼まれて申し訳なく感じることもあります)



 



一方で、ドイツの店にある商品はいつ行ってもほぼ同じです。



(最近はハリボグミなどに期間限定商品があることもありますが)



アメリカに行った友達もわたしと同じ事を思ったらしく、



「数年後に行っても同じ商品が並んでいて、「お前、また会ったな…!」という感じ」



だと言っていました。



好きだったお菓子をまた買えると、旧友と再会したような気持ちになれます(笑)



 



 



 



③ドイツの学生が好きな日本の食べ物



 



わたしの住んでいた町ボーフムは、日本町でもあるデュッセルドルフが近いので、



日本製品の多いアジアンショップがあります。



(よくあるアジアンショップは、中・韓の商品が中心です)



お菓子や加工食品、食器、炊飯器などが買えます。



もちろん日本よりかなり割高ですが…((+_+))



 



そこにドイツの学生と一緒に行ったとき、カントリーマアムが大好きで



毎回買ってしまうと言っている学生がいました。



 



その他にドイツの学生に人気のある日本のお菓子類は



うまい棒、ハイチュウ、イチゴチョコ、抹茶のブレンディスティック



といったものがあります。



 



(余談ですが、日本の大学院での中国人の同級生は、



「日本のお菓子で一番おいしいのはジャガビー」と言っていました(・ω・))



 



軽食の類では、世界中どこにでもあるマクドナルド、



学食のカレー、フライドポテト、冷凍たこ焼き、チーズ春巻き



などが人気がありました。



 



ちなみに、わたしが通っていた日本の大学の近くには



日本食が口に合わない留学生もここに連れて行けばたいていOK!という店があります。



インドカレー屋です!(笑)



 



 



 



 



さて、いかがでしたか?



日本人にとって意外なものが外国人に人気なこともありますよね。



食べ物についての話題はまだまだあるので、今後も更新していきます!



 



 



sora.m